二宮整体アカデミー講師 池田泰則先生

 

池田泰則先生の「季の整体コラム」全十一回

 

 第一回目 「花粉症について 」

 

 

世の中には花粉症やアレルギーで困っている方が沢山おられます。その対策として一般的には抗アレルギーの薬などを投与しますが、整体では、そういったアレルギーにならないような身体作りを目指しております。しかしながら出た症状は改善されなければいけないので、少しでも軽くする方法を紹介致します。首には七つの骨があるのですが、そのうちの二番目の骨が目のかゆみに関連しています。三番目の骨というのは鼻のアレルギーに関連がある場所です。そこで整体では、その二番目と三番目の所に指を当てて、その部分に気を集中させます。そうすると過敏な状態が早く改善されます。それと鼻のアレルギーの所ですが、鼻の中心を上がった髪の生え際に、少しへこんだ場所があります、そこにも指を当てて気を集中させます。集中と言っても 抑えるのではなく、ただただ手を当てるだけです。手を当てて気を集中させる事を輸気と言います。このような症状が出る方は、いわゆる、冷えのぼせの状態になっています。そこで冷えをとる為には次のような方法があります。

 

 

『足湯』

 

バケツに43度から45度位のお湯を満たし、くるぶしから下をつけます。 湯が冷めたら注し湯をして6分たったら、足を拭きます。 一方が赤くなり、もう一方が赤くなりきっていない時は、赤くなりきっていない方の足を、さらに2~3分、温めます。良く拭いて靴下(出来れば絹の靴下)をはいて休まれると効果的です。これは風邪の時にも有効です。喉、鼻の風邪の時は、くるぶしから下。お腹をくだした時は、ひざ下まで。咳がひどい時は、ひざ上までつける。時間は6分程です。花粉症とかアレルギーはかなり改善されます。一度試してみてください。

 

但し、身体が冷えない用に、服を着ておこなうなどの対策をとって下さい。

 

しかし花粉症の最大の原因は、飲みすぎ、食べ過ぎの栄養過剰です。くれぐれも ご注意ください。

 


 

第二回目 「肌荒れと整体」

 

 

21世紀病といわれるものに「うつ病」「パニック障害」「花粉症」「アトピー性皮膚炎」「アレルギー体質」などがありますが、整体では自律神経のアンバランスと考えられます。特に交感神経が過剰に働きすぎて副交感神経が優位に立てない状態です。左半身が交感神経と関連し右半身が副交感神経と関連します。

 

例えば、肌のトラブルについてですが、整体的に言いますと、それは身体の排泄異常とみます。どこで診るかと言いますと左の骨盤が開きすぎた状態なので、足が外側に倒れます。そうなると左足の親指に力が入りにくくなります。左足の親指に力が入りにくくなると排泄がスムーズにいかなくなります。したがって整体では左足の親指の裏に力が入るように左の骨盤を締める操作をします。その方法として左足の薬指を引き延ばしたり、左足の太腿の外側を叩いたりして内側に力が入りやすいように締めていきます。上半身の整体は左手の薬指と小指の間をつまんで刺激し、薬指を引き延ばします。簡単な方法ですが、これだけで肌荒れは、ある程度改善されます。

 

あとは水分をよくとるという事と栄養過剰、足の冷え等を解消する事です。その方法は前号に記載されていますので、ご参照下さい。